前立腺がんは男性特有の病気です。 そのまえに、前立腺肥大ってどんな病気か知ってますか? 実は、前立腺がんときってもきれない関係なんです!


- >
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
- >
前立腺は男性だけにある臓器。
前立腺は膀胱のほぼ真下にあり、尿道を取り囲んでいる。
ちょうど栗の実のような形をしている。
前立腺の一部は直腸に接しているため、肛門から指を入れて直腸の壁越しに触れることができる。

前立腺はみかんのような構造をしている。
尿道のまわりの内腺(みかんの実にあたる部分)と被膜付近の外腺(みかんの皮にあたる部分)に分けることができる。
また、辺縁領域、中心領域、移行領域の3つに分けて呼ぶことがある。
辺縁領域は従来の外腺、中心領域と移行領域は内腺にあたると考えられている。

前立腺2.bmp

前立腺の働き
前立腺液を分泌する
前立腺液は、精液に混じって精子を保護したり、精子に栄養を与えるとともに、その運動機能を助ける役割がある。
②膀胱の出口を開け閉めする
前立腺の働きや役割についてはまだ詳しくは分かっていないのが現状。

前立腺は男性ホルモン(アンドロゲンともいいます)と切っても切れない関係にある。
前立腺の生理作用はアンドロゲンの作用によって維持され、前立腺の成長にもアンドロゲンが必要となる。
前立腺がん前立腺肥大症などの前立腺に発生する病気にも、アンドロゲンが関与していることがわかっている。

ところで前立腺肥大症とは?
前立腺肥大症は内腺に発生する良性腫瘍のこと。
加齢によるホルモンバランスの変化が影響するものと考えられている。
無症状の人もいるが、前立腺肥大症は内腺で発生するため、尿道が圧迫されて狭くなることで、『尿がでにくい』『トイレの回数が多くなる』『夜に尿が多い』『尿意を感じてからトイレに行くまでに排尿を我慢できず、漏らしてしまう』『尿をしたあとすっきりしない(残尿感)』などの自覚症状があらわれる。
服薬が主だが、大きい場合や症状がひどい場合は外科的に切除する場合もある。

一方、前立腺がんは、主に外腺に発生する悪性腫瘍。
したがって、早期では自覚症状はあらわれないといわれている。
進行のしかたもゆっくりであるため、他のがんに比べると十分な治療が可能ともいえる。
しかし、逆に初期症状がほとんどないために、がんの発見が遅れることもある。
前立腺がんが進行し、尿道や膀胱を圧迫するようになると、上記のような症状や『尿や精液に血が混じる』などの症状があらわれるようになる。

前立腺がんは進行すると骨に転移しやすいがんといえる。
前立腺自体の症状はなく、たまたま腰痛などで骨の検査を受け、前立腺がんが発見されることもある。
また肺転移によって発見されることもある。

※注意:前立腺肥大症から前立腺がんに進むことはないと考えられている
 前立腺肥大症前立腺がんを診断する際に重要な腫瘍マーカー=PSA値は、血液検査で簡単に調べられるため、少しでも上記のような症状があったら、近くの病院を受診したほうがよいだろう。
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。